ゆず

ゆずの定植

剪定もしたし、肥入れもした。防虫ネットも張ったし、これで当分、耕人舎の作業はお休みのはず・・・

とほっとしていたところへ、それは突然やって来ました。

ゆずの苗木です。

加工場横のゆず畑に、枯れてしまったゆずの木が数本あり、そこに植える新しいゆずの苗木が届いたのです。

前日の招集に、集まったメンバーは3人。

ゆずの苗木も3本なので、1人1本担当します。

まずは、苗木を定植する場所の草をさっと刈り、スコップで土を掘って、地表より少し高めに土を盛ります。

そこに、苗木を植え付け、根本に防虫ネットを張り、苗木の横に 支柱を立てて固定します。

十分に水をやり、刈った草を敷きわらにして完成です。

さて、ゆずの定植は終わりましたが、ゆずの苗木とともに、なぜかレモンの苗木も3本届きました。

こちらは、巨木ゆず畑のほうに定植せよとの指示です。

軽トラに苗木と道具を載せて移動します。

どこに植えるのがよいか思案した末、巨木ゆずのそばの休耕田に植えることになりました。

ゆずと同様に、スコップやくわで土を掘り起こしますが、カヤの根などがはびこり、一筋縄ではいきません。

地道に掘り起こして土を盛り、なんとか定植できました。

近くの川からバケツでくんできた水をあげて終了です。

「これ、レモンができたらどうするんだろうね」

「さぁ・・・売るんじゃない?」

謎のレモンですが、元気に大きく育ちますように。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です