未分類

枝燃やし

梅とゆずの剪定が無事に終わった後は、恒例の枝燃やしです。

乾燥したこの季節、大量の枝を燃やす日は慎重に決めなければなりません。

夜中に雨がたくさん降った翌日、風もなく、絶好の枝燃やし日です。

先日修繕した焼き場に集合した女子5人。

まずは、近くの川からバケツに水を汲んできます。

細かい枝を焼き場に入れて着火。

湿っているので、最初はなかなかつきませんが、徐々に火が燃えてきました。

勢いが出てくると燃えるのが速いので、どんどん枝を入れていきます。

大きい枝は小さく切って入れます。

火の勢いが強すぎると、バケツの水をかけて抑えます。

枝を小切る人、枝を入れる人、火を調節する人、息の合った連携プレーで、どんどん枝が燃やされていきます。

巨木ゆずの太い枝も、あっという間に灰になっていきます。

「前髪燃えた」

「まつげか焼けて短くなった」

女子にはあるまじき被害を受けつつも、焼き場の周りに山積みになっていた枝が、午前中でなくなりました。

あとは灰になるのを待つだけです。

焼き場の近くでお弁当とおやつを広げて楽しい女子会です。

梅の花もちょうど見ごろ。

天気もよくて、のんびりしたいところですが、火が消えたら、最後に水をかけて完全に鎮火します。

川から水を汲んで、バケツリレーで、次々に水をかけていきます。

バケツに何十杯もくみますが、なかなか息の切れる作業。

「まだ~?」

「あと何杯?」

「ラスト10杯!」

「えーっ」

これでもかというほど水をかけて、この日の作業は終了。

剪定と枝処理が終わって、畑がすっきりしました。

今年もたくさん実がつきますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です